Jump to menu Jump to content
© Ruud Peijnenburg

レンガ舗装の機能美

車の流れを変えたり減速させたりするために、標識、白線、ゼブラ ゾーン、ポール、減速バンプ、信号、道路の幅員縮小、交通管制など、さまざまな手段が使われています。オランダのランゲデイクでは、デザイン性と機能性に優れた方法が選ばれました。それは、レンガ舗装です。

オランダでは、減速バンプのデザインに法的要件はありません。ガイドラインはありますが、素材はそれぞれの自治体が自由に選ぶことができます。Wienerberger の色彩豊かな焼成レンガ舗装材は耐久性に優れており、この用途に最適です。このレンガ舗装材は天然の粘土の色を生かしており、バリエーション豊かな色が用意されています。焼成時に独自の色合いを定着できるため、黒と白だけの塗装剤よりも、見やすい状態を長期間維持できます。また、自治体にとっては、天然粘土の持続可能性という特徴も重要なポイントでした。

© Ruud Peijnenburg

美しさと機能性

ランゲデイクに新たに整備された住宅地で、Wienerberger のレンガ舗装材が採用されました。このプロジェクトで最も注意する必要があったのは、学校周辺の見通しのよい場所や交通量が多い場所での舗装材のデザインでした。このような場所では事故の危険性が高く、目立つ警告標識、ポール、路面標識が子供や通行者を守る役目を果たしています。写真を見ると、減速バンプが道路上の邪魔な障害物ではなく、車を減速させたり、周辺に注意を要する建物があることを知らせたりするために効果的に機能していることがわかります。適切な素材を使用した Wienerberger のレンガ舗装材なら、機能と美しさを両立できるのです。

© Ruud Peijnenburg
詳細情報
  • プロジェクト名
    道路騒音軽減コンセプト (オランダ、ランゲデイク)
  • 建築家
    Maarten Koning
  • 使用製品

    Penter Bruno KK70 (赤褐色)、Penter Argenti KK65 (白)

ランドスケープ

Penter Bruno KK70 (赤褐色)、Penter Argenti KK65 (白)