Jump to menu Jump to content
Imperial Summer Palace, Beijing

ヨーロッパの建材と中国テイストの融合

中国、北京中心部の北西にある魅力的な住宅地に建設された Imperial Summer Palace は、東西の文化を融合させた、これまでにない高級不動産プロジェクトです。粘土瓦の下で、中国と西欧の建築技法が見事に共生しています。

Imperial Summer Palace の計 91 棟の邸宅は、建築家の Feng Wenfei 氏が、中国の伝統的な建築技法に自然な形で西欧のシンプルな建築様式や工法を巧みに組み合わせて設計したもので、急成長する中国のイメージがよく表れています。

Imperial Summer Palace, Beijing

東洋と西洋の出会い

Feng Wenfei 氏は、儒教思想の儀礼と西洋文明の哲学を土台にして、高い精神性を備えた建築を作り上げました。さらに、堂々とした外観と繊細で優雅なインテリアを備えた建築を実現するために、最新の建材や工法も採用されています。Feng Wenfei 氏のチームは、ヨーロッパ製の高品質な建材を選び、中国の皇室庭園から得たインスピレーションを建築に生かしました。中国の伝統的な大型屋根が使用されていますが、屋根の傾斜は緩やかです。

Imperial Summer Palace, Beijing

伝統的な屋根の新解釈

古代中国の建築は傾斜した屋根を備え、それが色鮮やかな街並みの重要な要素となっています。古代中国では青灰色の瓦が使われましたが、瓦製造の技術が進歩したことで、色のバリエーションが増えました。しかし中国の古代建築で使用される色は、階級、五色思想、五行思想によって決まっていました。新しい瓦製造技術によって、陰影の幅を広げられるようになりました。古代中国の皇宮にはエンゴーベ加工の瓦が使用されたことを考慮し、Feng Wenfei 氏は Wienerberger の粘土瓦を選びました。青灰色とナチュラル レッドの 3 種類の粘土瓦が、古代中国の皇宮を想起させます。

Imperial Summer Palace, Beijing
詳細情報
  • プロジェクト名
    Villenpark Imperial Summer Palace (中国、北京近郊)
  • 建築家
    Feng Wenfei、WFA Design Inc.
  • 使用製品

    Koramic OVH (青灰色、ナチュラル レッド)

Koramic

屋根材

Koramic OVH (青灰色、ナチュラル レッド)