Jump to menu Jump to content
© Paul Hill Manshed

都市の景観

英国のテルフォードで 2 億 5,000 万ポンドを投じて建設されたタウン センターには、住民やビジネスマン、来訪者にとってダイナミックで活気があり、持続可能性のある都市地域を創出するという目的がありました。サウスウォーターにまったく新しい都市環境を作るに当たり、Wienerberger のレンガ舗装材が採用されました。

テルフォードの画期的なサウスウォーター開発プロジェクトの第 1 期は完了しました。Telford & Wrekin Council のモダンで豪華なビルが、2 億 5,000 万ポンドが投資されたプロジェクトの開幕を象徴しています。このビルはウォーターフロント地区の緑地帯にある敷地に建設されました。建材の選択は設計において最も重視され、慎重に進められました。

© Paul Hill Manshed
© Paul Hill Manshed

現代建築と自然をつなぐ象徴

Southwater One については、開発地区のモダンで力強い外観と周辺の自然環境を象徴的につなぐ舗装が欲しいという具体的な要件がクライアントから提示されていました。Wienerberger の Sienna (Hague Cream) レンガ舗装材は、温かみのある砂のような風合いを備え、周囲の自然と調和するため、この条件にぴったりでした。さらに、シンプルなグレー仕上げが特徴の舗装材 Mastiek と Auraton を使用することで、ウォーターフロントにふさわしい軽快なパターンを生み出しています。

© Paul Hill Manshed

商業施設にふさわしい景観

この再開発計画では、刺激的な商業空間を生み出すと同時に、落ち着きと健全さを感じさせることを意図していました。それを実現するために採用されたのが、レンガ舗装材でした。自然素材ならではの耐久性は設計上の要件を満たし、舗装パターンと配色によって落ち着いた雰囲気を演出することができました。密度の高い柾平張りと、やや密度の低いヘリンボーン張りの両方のパターンが使用されており、一貫性を保ちながら変化のある景観を形成しています。このプロジェクトの野心的な開発によって生まれる効率性の高い商業空間に、テルフォード市はオフィス街や小売店、商業施設、公共施設を開発できるでしょう。

Wienerberger 英国支社のマネージング ディレクターである Keith Barker は、次のように語っています。「これは、素材の性能から周辺環境との調和、さらに設計上の細かな仕様まで、膨大な数の検討が求められるプロジェクトでした。このプロジェクトの品質を定めた詳細設計に注意し、私たちが何か貢献できることはないか、常に探っていました」

© Paul Hill Manshed
詳細情報
  • プロジェクト名
    テルフォードの商業施設のランドスケープ再設計 (英国)
  • 建築家
    Morgan Sindall
  • クライアント
    Telford & Wrekin
  • 使用製品

    Penter Sienna、Auraton、Mastriek

  • 竣工年
    2014
Penter Sienna, Autraton, Mastriek

ランドスケープ

Penter Sienna、Auraton、Mastriek