Jump to menu Jump to content

中国の宮殿のような邸宅

中国、北京に建てられたシノワズリ様式の邸宅は、贅沢で心地よい暮らしを高い水準で実現しています。北京の文化と歴史に敬意を払って、伝統的な赤レンガを使った工法で建設されており、宝石のような輝きを放っています。この邸宅を象徴するエレガントな外観を表現するために、外壁には 1,500 個のレンガが使用されました。

細部のデザイン

この戸建て住宅では、扉や窓の装飾、庭の壁の周囲に見られる飾りなど、細かな部分まで綿密にデザインされており、見る人の目を一瞬で引き付けます。それに加え、柱のデザインと印象的な門構えが、現代風にアレンジした中国建築を訪れているような印象を与えます。ここには、中国の伝統的な中庭付き住居の特徴が完璧に引用されています。

レンガを使う理由

慎重に検討を重ねた末に選ばれたのは、カラー バリエーションが豊富で、ざらざらした質感を持つ化粧レンガ、Gravita シリーズでした。この判断は、グレーの石材と組み合わせて暖かな外観を提供するというアイデアが基になっています。慎重な作業によって互い違いに積まれたレンガは重い屋根を支えるだけでなく、豊かな表情を生み出します。外壁には断熱設計が施され、レンガの優れた蓄熱性がその効果をさらに高めています。このレンガ造の邸宅は、中国の伝統的建築文化を現代風に解釈した設計の成功事例と言えるでしょう。

詳細情報
  • プロジェクト名
    シノワズリ様式の邸宅 (中国、北京)
  • 建築家
    Fang Yunfei (清華大学)
  • 使用製品

    Terca Gravita PHM

  • 竣工年
    2015
Terca Gravita

ファサード

Terca Gravita