Jump to menu Jump to content
Woman reading book in backyard

持続可能性に対する当社の考え方

Wienerberger は、持続可能性は企業文化や企業戦略の中核を成す重要な価値と考えています。持続可能性は、新しいアイデアや製品の改良をもたらすイノベーションの源にもなります。

自然環境を守る陶製建材

陶製のレンガ、タイル、舗装材は、特に環境に優しく、持続可能性に優れた建材です。粘土や水などの天然原料のみで作られており、原料の採取も環境に配慮して行われています。

素材の耐用期間が長いほど、環境への負荷も小さくなります。陶製建材は優に 150 年は使用できるため、耐用期間は非常に長いと言えます。耐用期間全体にわたって高いクォリティ オフ ライフが約束され、気候変動対策にも積極的に貢献できます。

社会貢献

組織には、人々の役に立ち、あらゆる人々にとっての価値を生み出して社会に貢献する義務があると Wienerberger は考えています。

この責任には、安全で健康的な職場環境の枠組みを策定することや、透明性の高い経済環境の創出に積極的に取り組むこと、倫理原則に照らして自分たちのあらゆる行動を監視すること、誠実に情報を伝えること、1 人 1 人が行動に責任を持つこと、社会の信頼を得て貢献することが含まれます。

詳細については、Wienerberger の持続可能性に関するレポートをご覧ください。

こちらをクリックしてレポートを読むか、ダウンロードしてください