Jump to menu Jump to content
Boy smiling and holding Wienerberger branded sample brick

持続可能性のある製品

天然の原材料から製造されている当社の製品は、革新的な建築デザイン、クオリティ オブ ライフ、持続的な価値、長寿命を支えています。当社の製品の品質は、環境保全性の観点から徹底的に検証され、数々の認可や認定を取得しており、それが地球温暖化対策への取り組みにも反映されています。

持続可能性に優れた製品管理の原則

お客様と社会に持続的な価値を提供することが、Wienerberger の製品開発の中核を成す原則です。私たちは、製品ライフサイクルの各段階 (製造、輸送、施工、利用、廃棄またはリサイクル) における環境への影響と、製品自体の寿命という 2 つの要素で持続可能性を考えています。

当社の耐久性に優れた革新的なセラミック建材は、全世界で検討されている持続可能性を重視した建築コンセプトに欠かせないものとなっています。当社の製品は優れたクオリティ オブ ライフを約束し、気候変動対策に積極的に貢献するほか、過密化する都市環境にも対応します。

長寿命

長寿命化は、持続可能な建材を実現するための重要な要素です。耐用期間が長くなるほど、修復や新規建設に必要な資源が減り、環境への負荷が低減されるからです。耐用期間全体にわたって、陶製建材の製造に伴う環境負荷は非常に低い水準に抑えられます。当社の製品は耐用期間が極めて長いことが特徴です。陶製建材を使って建設された建築物には、150 年以上の時を経ても現役という事例も珍しくありません。

研究開発

Wienerberger では、研究開発を重視しています。研究開発は集中的に行われていますが、成果の多くは地域別に導入されています。ヨーロッパ各地に 5 つの研究拠点を構えており、それぞれが別々の製品グループに特化しています。すべての研究は、持続可能性を最優先にして進められています。特に屋根製品については、FEM (有限要素法) を使用して製造コストを最適化しています。