Jump to menu Jump to content
Female jogger relaxing on the waterfront in urban environment

街に息づく

建材にレンガを取り入れた建築物は、都市環境の中でも安らぎを感じさせてくれます。

国連の報告書「World Urbanization Prospects」によれば、2050 年には世界人口の 66% が都市部に居住すると予想されています。現在でも世界中で農村部から都市部への人口流入が進んでおり、既存都市の拡大は避けられない状況です。同時に、質の高い住宅を低コストで供給する必要性も増しています。暮らしやすい都市を実現するためには、都市計画、エネルギー効率、持続的成長、気候要因 (都市部のヒート アイランド現象の緩和など) に取り組むことが重要です。

現代の都市開発は常に変化していますが、化粧レンガや瓦は、何世紀も前から馴染み深い建材として愛用され、現代の建築物でも重要な役目を担い続けてきたため、現在でも幅広い建築に利用されています。陶製建材は機能性と耐久性が高く、デザイン面でも優れています。

white and grey brick facade apartment building street view Building Public Housing
© Julien Lanoo

世界中で、社会人口の変化から新しい形の生活様式が生まれています。そうした新しい生活様式を分析する際には、単身世帯の数が増加していることや、多世代同居、柔軟な職場環境、移動パターンの変化などを考慮する必要があります。

レンガ、瓦、陶製ファサード パネルには幅広い可能性があり、コワーキング スペース、カー シェアリング、電気自動車の充電所、シェアハウスなど、新しい生活様式にもフィットします。

都市の人口増加は、課題だけでなく新たなチャンスでもあります。新しい建築物が増えるだけでなく、意識の高い建材選択の気運が高まる可能性があります。Wienerberger はそうした課題に、高品質な製品と持続可能性を実現するコンセプト、訴求力のあるデザイン アイデアで取り組み、都市環境の中でも安らぎを感じさせてくれる陶製建材を提供しています。

Wienerberger Urban - Facade cladding apartment building