Jump to menu Jump to content
Architect inspecting clay roof or facade tile (Bellus, Facatile) at a meeting room with Wienerberger employee

陶製建材のメリット

天然素材の建材

陶製のレンガと瓦は世界最古の建材ですが、現代の建築でも非常に広く使われています。陶製建材が広く普及している理由は、耐候性と耐久性が高い点と、天然素材から作られるため汎用性に優れている点にあります。

現在の建築物は、コストや環境面でのさまざまな要件を満たさなければなりません。Wienerberger は 200 年にわたる知識と経験を活かして慎重に原材料を選び、最新の製造手法を採用しています。Wienerberger の瓦、化粧レンガ、舗装材をお選びいただいたお客様は、きっとご満足いただけるでしょう。

汎用性

陶製建材は多種多様な用途に対応し、どのような場所でも、どのような建築にもなじみます。陶製のタイルやレンガは、戸建て住宅、集合住宅、オフィス、公共施設の建設や、ファサード、造園、屋根、テラス、公園などに使用されています。

エネルギー効率

陶製建材は断熱性と蓄熱効果に優れているため、建物全体のエネルギー消費を低減できます。

耐久性

陶製建材は丈夫で耐候性に優れ、高い耐久性を誇ります。その耐用年数は 150 年を超えます。数百年前に建設されたレンガ建築が世界中に現存しています。陶製のタイルやレンガを使って建設された建物は、気候の影響に強く、耐震性と耐火性にも優れています。

デザイン性

当社の陶製のレンガとタイルは、色や形状、表面加工が異なるバリエーションが多数存在し、デザイン性に優れ、さまざまな用途に対応します。色のバリエーションは純白、深紅、漆黒など幅広く、表面仕上げも荒仕上げ、平滑、光沢などがあります。形状も、細長いものから幅広いものまで揃っています。このような製品を使ったデザインや施工方法は、ほぼ無限大の可能性があります。さらに、このような瓦、化粧レンガ、舗装材は他の建材と組み合わせても素晴らしい効果を発揮します。

経済性

建築物の外壁をレンガとすることで、工期が短縮され施工の柔軟性も高まるため、時間と資金の節約につながります。陶製建材は風雨や暑さ、寒さに対して高い耐久性を誇ります。そのためメンテナンスや補修のコストが低くなります。陶製建材は断熱性にも優れており、エネルギー コストの削減につながります。

天然素材

当社の化粧レンガ、粘土瓦、舗装材は粘土や水などの天然素材が原材料になっているため、特に持続可能性に優れています。環境汚染物質やアレルギー物質が含まれないため、人間や自然環境に対して特に優しい建材です。

変わらない価値

陶製建材が使われた建築物は時を経ても価値が落ちることはなく、逆に価値が上がることもあります。レンガ造のビルや集合住宅は耐候性と耐久性が高く、居住性にも優れているため、人気があり、再販価値も高くなっています。また、レンガやタイルは洗浄が容易でメンテナンスの手間もかかりません。