Jump to menu Jump to content
Cassia

セラミック – 高品質でメンテナンスが容易な天然素材

陶製建材は、強度と耐久性を備えながら低価格という特徴から、何世紀にもわたって建築材として利用されてきました。

レンガ – 持続可能な建材

原材料の採取から製造、梱包、加工まで、陶製建材はすべての製造段階で持続可能性に優れています。質の高い天然素材であるセラミックは補修が容易で、耐候性と耐熱性に非常に優れ、気温の変化による膨張収縮もほとんどありません。

セラミックの原材料である天然の粘土は、世界各地で環境と動植物の生物多様性に最大限に配慮しながら採取されています。採取された粘土は、加工、成形された後で焼成されます。

Wienerberger はエネルギー消費と CO2 排出を常に最小限に抑えながら、製造プロセスを最適化し、製品の品質を高めることに注力しています。天然素材から作られる陶製建材は、2 つの方法で再利用することができます。1 つは、粉砕してレンガ製造にリサイクルしたり、道路建設に利用したり、テニス コートに敷き詰めたり、農業用の土壌調整剤として再利用したりする方法です。もう 1 つは、使用済みのレンガやタイルをそのまま別の目的に転用する方法です。

製品だけでなく、粘土採取場のリサイクルも可能です。Wienerberger は、粘土採取跡地の再開発にも精力的に取り組んでいます。使用されなくなった粘土採取場を、動植物の生息地に戻したり、地元住民向けの自然のレクリエーション スポットに変えたり、農業や林業に利用できる状態に戻したりしています。

Wienerberger は陶製建材の分野で、ヨーロッパ市場最大手としての地位を維持するための努力を続けています。建築業界では、建材の需要やニーズは常に変化しています。Wienerberger は、製造プロセスから製品加工、販売まで、あらゆる面での技術革新とさらなる技術開発を続けることで、着実な成長を目指しています。